志事

日本シリーズも楽天が王手をかけました。野球はいろんな意味でドラマですね。さて話は変わりますが、お給料を現金で手渡しすることを当社はしています。人数も少ないですし、いまさらかえるのも面倒かなと言う訳ではありません。一所懸命に働いた者同士がその成果に対するやり取りの場だと思うからです。だから渡し方、受け取り方にも気持ちが伝わります。一瞬のことですが。中井社長さんは一人一人に手紙を添えていらっしゃるとおっしゃっていました。それは本気で仕事をしてくれた仲間に対しての励ましや感謝なんだと思います。自分はまだまだ本気さが足りないと考えさせられた一日でした。

— posted by 店長 at 09:00 am   commentComment [229]  pingTrackBack [0]

沖縄教育出版川畑社長の言葉

【量的変化が必ず質に変わる】 昨日、新人さん二人に毎日の仕事の心構えについてお話をしました。 なぜ売上数字を追いかけないのか。 それは売上を追いかけると 売上が上がった日は自分にマルをつけられて元気がいい。 売上が上がらない日が二日も三日も続くと 段々落ち込んできて、自分はこの仕事に向いているのか不安になる。 毎日の仕事にマルをつけられて365日充実した仕事ができる方法がある。 それは成果を上げるためにたてた 声かけやハガキを出す行動量目標をクリアしたら毎日自分にマルをつける。 量をしっかりこなしているうちに量的変化が必ず質に変わる。 コップの水が一杯になったときあふれ出す臨界点に達したとき カタストロフィー(大転換)が起こる。 飛行機もスグには上がらない。 助走があって空中に舞い上がる。 カタストロフィーが起こるまで 毎日をマルがつけられる仕事をすることが 落ちこまないで仕事を楽しく充実してやるコツである。

元気頂きました。ありがとうございます。

— posted by 店長 at 04:59 pm   commentComment [310]  pingTrackBack [0]

みのわ祭り実行委員会

12月5日箕輪町3階講堂にてみのわ祭り実行委員会が開催されました。この会議に出るのは2年目。本年度見送りとなった2011年度と来年のスタートとなった今回です。今まで伊那JCの関係で伊那まつりに少しですが関わらさせて頂いてきました。箕輪と伊那との運営上の違いとして感じるところは、先ず祭りを運営する組織(花火委員会や踊り、イベント等を担当する委員会、交通部会他それぞれが秋頃から集まり、事業計画を立て予算立てをします。それを担当の事務局がそれぞれ持ち寄って予算調整をしていきます。12月に実行委員会が立ち上がったら予算は?と思って聞いてみると前回にならって同じくらいの予算ではとのこと??。少しドキドキしています。多くの人達が集まり、出店があったりと普段と違うワクワクとした雰囲気の中、子ども達が練習した踊りを踊る場があり、楽しいイベントが開催され、花火が見られる事、それはとっても楽しく幸せなことだと感じます。この町に生まれ、この町に育ち、子どもを育てていく私たちは、この町がいつまでも安心と安全であって欲しい、つまり平和を願っています。お祭りを通して誰もが何かに参加できて、皆さん誰もが幸せを享受できる町のお祭りであってほしい。

— posted by 店長 at 04:41 pm   commentComment [259]  pingTrackBack [0]

反省と感謝

今日もまた一つ反省しなければいけない事がありました。過去における自分の親しい(と自分が思っている)お客様との会話の中に、不適切な言葉を聞き社員が戸惑いを感じていたということを話してくれました。悪気はないようだけれど、いくら親しい間柄でも相手はお客様なのにという事だそうです。反省です。自分の甘ちゃん具合に意見してくれた社員に感謝です。プロとしては失格です。反省すればするほど残念ながらかなり多くの方々に迷惑をかけている人間です。今からここから今より良くなれるように誓います。

— posted by 店長 at 04:49 pm   commentComment [240]  pingTrackBack [0]

映画「大鹿村騒動記」

久しぶりに夫婦そろっての休みで伊那の旭座へ映画を見に行きました。題名の通り大鹿村を舞台にそして大鹿歌舞伎を中心にいろんな人たちの人間模様が描かれていました。主演の原田芳雄氏は皆さんもご存じのとおりこの映画を完成させたのち上行結腸癌から併発された肺炎のため他界されてしまいました。映画を通し改めて又偉大な人を亡くしたことを感じました。心からご冥福をお祈り申し上げます。映画も非常にリズミカルな原田さんの演技にとても病気を押して撮影をされているようには感じられず、本当に長野の大鹿にいるおじさんという感じでなぜか懐かしく感じられます。本当に良き時代というか人間らしく生きていて、幸せな村の景色がありました。これから私たちが住みたい世界はこんな世界じゃないかなと、感じます。本当に楽しい映画でした。東映さんの配慮で全国一律1,000円というのも何か温かさを感じます。まだまだこの大鹿を舞台にした映画が作成されます。気の里もありますがぜひ多くの皆さんが長野へお越しくださいますように。

他の出演者の皆さん(敬称略)

大楠道代/佐藤浩市/松たか子/石橋蓮司/三國連太郎/小倉一郎/小野武彦/瑛太/冨浦智嗣/阪本 順治監督

http://ohshika-movie.com/index.htmlLink

— posted by 店長 at 06:24 pm   commentComment [124]  pingTrackBack [0]

<< 2019.3 >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.1432 sec.